統合型アクセラレータープログラム「TRIBUS 2020」の成果発表会を開催
~ スタートアップ企業のさらなる事業創造支援のため、グループ外企業からの賞を新設 ~

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、社内起業家とスタートアップ企業の成長を支援し、事業共創を目指す社内外統合型のアクセラレータープログラム「TRIBUS(トライバス) 2020」の成果発表会「TRIBUS Investors Day」を2021年3月17日に開催しました。

2019年度に引き続き、2回目となる「TRIBUS Investors Day」では、2020年10月の統合ピッチコンテストを通過した社内起業家5チームとスタートアップ企業10社が、提案商品のテスト販売やプロトタイプによる実証実験など、事業の進捗状況や今後の展開について成果発表を行いました。今年度は2つの賞を新設し、「TRIBUS社内起業賞」には社内審査員および社外投資家の審査により社内起業家3チームが選ばれ、来年度からの自由裁量権を持った活動が認められました。また、「TRIBUS企業賞」には富士通株式会社の「富士通アクセラレーター」とKDDI株式会社の「KDDI ∞ Labo(ムゲンラボ)」の担当者が特に注目したスタートアップ企業3社が選ばれ、それぞれの企業との面談の機会を獲得しました。


「TRIBUS 2020 Investors Day」登壇者と審査者

「TRIBUS企業賞(KDDI ∞ Labo賞)」受賞者と審査員
「TRIBUS企業賞(富士通アクセラレーター賞)」受賞者と審査員


「TRIBUS社内起業賞」受賞者と審査員

本プログラムは、リコーグループ社員であれば誰でも応募ができる社内起業家プログラムと、スタートアップからの応募を募るプログラムを統合した形で運用する、統合型アクセラレータープログラムです。本年度は、「次の当たり前になる」をテーマに、はたらく人の創造力を支える新しい時代のビジネスアイデアを広く募集し、社内からは87件、社外からは156件、計243件の応募がありました。現在、リコーグループ社員約1200名が社内コミュニティに登録し、参加チームのニーズに合わせてアンケートや実証実験に参加したり、約250名がサポーターとなり、専門分野のアドバイスを行うなど、活動を支援しています。

また、参加したスタートアップ企業の一部は「Microsoft for Startups」とTRIBUSの連携を活用し、Microsoft Teams®向けのアプリケーション提供を行うリコーグループ外からもビジネス支援の機会を受けました。

なお、本プログラムは1年間の活動を通じ、新型コロナウイルスの感染症拡大防止の観点から、説明会やピッチコンテスト、事業創造のためのワークショップなどのイベントを全てオンラインで実施しました。「TRIBUS Investors Day」では、ニューノーマル(新常態)としてデジタルツールを駆使した運営を行う中、視覚や聴覚以外にも五感を使って一体感を得られるよう「TRIBUSの香り」を開発し、試験的に活用しました。今後もイベントやワークショップなどで活用していきます。

リコーは、3年目となる来年度も「TRIBUS 2021」として本プログラムを継続します。募集テーマは「不可逆な世界でこれからの選択肢をつくる」です。リコーの創業者である市村清は、理化学研究所から生まれたベンチャー企業としてリコーを創業し、その後も世の中にイノベーションをもたらす製品やサービスを数多く生み出しました。その創業の精神に立ち返り、チャレンジする人の支援・育成、新規事業の創出を促進する文化のさらなる醸成を目指します。

■「TRIBUS 2020」 参加企業/チーム概要
・参加企業

株式会社Acompany 高橋 亮祐 医療データ連携における秘密計算活用 リコーのヘルスケア事業(特に地域包括ケア事業)における医療データの利活用に関する情報交換を実施
Microsoft for Startupsに採択
[富士通アクセラレーター賞]KBE株式会社 白壁 和彦 人事AIアシスタントresearcHR(リサーチャー) リコー内3部署でトライアル実施中
Microsoft Teams®版サービスをリリースし、Microsoft社とのソリューション連携を開始
株式会社シューマツワーカー 松村 幸弥 副業したい約30,000名以上のIT人材(エンジニア・デザイナー・マーケター)に業務を依頼できるサービス リコージャパンおよびお客様のニーズを確認するインタビューを28部署46人実施、お客様2社へのサービス導入検討中
リコーグループ内での利用およびサービス化の議論を継続
[富士通アクセラレーター賞]株式会社Studio Ousia 渡邉 安弘 最新の自然言語処理技術を活用した、多言語・曖昧検索を可能にする企業内検索エンジン リコーグループ内ITヘルプデスクのデータを利用した技術検証実施
リコーが開発中のシステム向け検索エンジンをリリース
[KDDI ∞ Labo賞]株式会社datagusto パー 麻緒 自動調理器の手軽さで、材料(データ)から自社専用の料理(意思決定支援AI)を作成し、利用できるSaaS型セルフAIサービス AI活用のニーズ確認のヒアリングを実施し、UI開発に反映
社内実践を3部門で実施し、全ての部署が継続利用意向
社内外営業向けセミナーを実施し4社からのリードを獲得し、初期ターゲット明確化
リコージャパン商品企画部門と継続検討
ユニロボット株式会社 酒井 拓 コミュニケーションロボットによる人手不足解消ソリューション リコーグループ内、2部門との協業検討を開始
「RICOH Future House」学童保育施設「コサイエ」での「unibo」実証検証検討中、リコージャパン デジタルビジネス事業本部とイベントソリューションとしての「unibo」を検証中
お客様に対して、リコージャパンと共同提案検討2件
株式会社Synamon 武樋 恒 働き方や社会が大きく変化している中で、VRを活用し、より働き方の多様性を実現させます 「RICOH Collaboration Hub」のVR化を実施
リコーグループ複数部門と連携した検討を継続
コグニティ株式会社 河野 理愛 オンライン商談を強化するレポーティングサービスについて、テレワーク中のお取引先様のビジネスコミュニケーション強化に向けたサービスを開発し、働き方改革に貢献する リコーグループ内287名に営業トーク分析アンケートを実施
リコーグループ内でトライアル導入を実施
株式会社With Midwife 岸畑 聖月 はたらく人の健康と子育てを、オンラインと全国ネットワークを使い助産師がサポート リコーグループ内で相談者を募集、アンケート回答者317名、実証実験利用者(46名)
サービスを「TheCARE」としてリニューアル、サービス提供開始システムの要件定義を検討
株式会社グローバル・カルテット 城 みのり リサーチ&コンサルティング特化型プラットフォーム「リサーチナレッジコミュニティー」 リサーチ特化型の新プラットフォームサービスを立ち上げ中
リコー社内におけるヒアリング並びに試行版でのサービス実施+評価を経て、3月末にクローズドβ版をリリース
TRIBUS2021でも活用予定

・「TRIBUS社内起業賞」受賞チーム

株式会社リコー 岩田 佳子 聴覚障がい者向けコミュニケーションサービス 聴覚障がい者に対し情報保障を検討している人事部門や支援団体にヒアリングや、リコーグループの対象者へのPOCを行い、オンライン会議での発言をテキスト化できるシステムを利用することでコミュニケーション向上について反響を得て開発を加速
株式会社リコー 灰谷 公良 現実空間に全方位映像を映し出せる投影装置(裸眼XRシステム)を開発 「WARPE(ワープイー)」ブランドとして、リアルの場における体験を進化させる事業を展開
第一弾の事業として、デジタルサイネージ用途での事業探索を開始
株式会社リコー 渡辺 恵里 思い描いているものをリアルタイムに視覚化するビジュアルコミュニケーションシステムの開発 piglyph(ピグリフ)ブランドでプロトタイプを制作し、社内外イベントでの約50件の実証実験実施および数社との協業探索


■関連ニュース
社内起業家とスタートアップを支援する事業共創プログラム「TRIBUS 2020」を開始
https://jp.ricoh.com/release/2020/0513_1/
「TRIBUS 2020」、アクセラレータープログラム参加15チームが決定
https://jp.ricoh.com/release/2020/1015_1/
新たな事業を共創する場「RICOH Collaboration Hub」をVR空間上で再現
https://jp.ricoh.com/release/2021/0114_1/
リコー、現実空間に全方位映像を映し出せる投影装置を開発
https://jp.ricoh.com/release/2021/0308_2/




Share This

Copy Link to Clipboard

Copy