2021年度社内チームが360度カメラを水中でより使いやすくする浮力調整器「STAYTHEE」をリリースしました。

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、防水ケースに入った360度カメラに取り付けるだけで、電池不要で水中で中性浮力(浮きも沈みもしない状態)を保つことができる浮力調整器「STAYTHEE(ステイシー)」を開発しました。これを受け、STAYTHEE本体とアクセサリーのセットの発売予約受付を、100セット限定で7月20日から開始します。STAYTHEEを使用することで、シュノーケリングやダイビングをはじめとした水中のアクティビティで、360度カメラを水中で静止させて、様々な生き物の自然な姿をとらえたり、撮影者自身をまるで他者が撮影したような構図でカメラに収めることが可能です。使い方の工夫次第で、これまで見たことのないような水中の360度映像が撮影でき、マリンスポーツの新たな可能性が広がります。


STAYTHEEイメージ

■背景
これまで水中における一般のカメラや360度カメラでの撮影では、撮影者の姿勢が安定しないためにピントが外れる、画角にうまく収まらない、警戒心の強い生き物に接近しての臨場感ある撮影が難しいといった課題がありました。数十枚、数百枚の写真を撮影してもなかなか思うような写真が撮れず、せっかくのダイビングでも撮影自体に時間を取られすぎてしまうケースもありました。そのような背景から、より簡単にリアルな水中写真を撮影できるような、360度カメラに取り付ける浮力調整器の開発にいたりました。

■「STAYTHEE」の主な特徴
STAYTHEEは、リコーの新規事業創出の取り組み「TIRBUS(トライバス)」から、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツを楽しむ方向けアイテムとして誕生しました。魚の浮袋の原理からヒントを得て開発され、防水ケースに入った360度カメラに取り付けるだけで、電池不要で水中で中性浮力(浮きも沈みもしない状態)を保つことができ、これまで水中では困難だった撮影が可能になります。たとえば、STAYTHEEを取り付けた360度カメラを水中に浮遊させた状態で手を離せば、撮影者自身が泳いでいる姿をまるで他者が撮影したような構図で撮影できます。さらに、人間がカメラから離れることで、警戒しやすい水中生物とカメラの接近を実現し、よりリアルな自然環境の撮影を行えます。また、シリンダを動かすことで浮力の調整ができ、たとえば浮力を重く設定すれば上から沈んでいく映像の撮影ができるなど、360度画像・映像の新たな世界が広がります。 今回の限定発売ではリコーの360度カメラ「RICOH THETA」およびRICOH THETA専用水中ハウジングケースに対応した形状ですが、その他の360度カメラに使用可能な形状のラインアップも今後展開してまいります。

■「STAYTHEE」およびアクセサリーセットの詳細
●セット内容:
・STAYTHEE本体
取り付けるRICOH THETAおよびRICOH THETA専用水中ハウジングケースの形状により浮力が異なるため、下記3形状でのご用意となります。
「RICOH THETA SC2」およびRICOH THETA専用水中ハウジングケース「RICOH TW-1」
「RICOH THETA V」およびRICOH THETA専用水中ハウジングケース「RICOH TW-1」
「RICOH THETA X」およびRICOH THETA専用水中ハウジングケース「RICOH TW-2」
また、STAYTHEE本体には100番までの通しのシリアルナンバーとお客様のお名前を刻印します。
・マクロ撮影キット
 浮力調整器 STAYTHEEに連結すると、カメラを海底に寝かせて水中撮影を楽しむことができます。
・リール付きストラップ
 遊び方が広がるリール付ストラップです。
・レンズカバー
 水中ハウジングケースのレンズ部を保護するためのカバーです。
●価格:4万8,400円
●発売セット数:100セット限定
●予約方法:下記リンクから予約をお願いします。
 https://staythee.ricoh/
●予約期間:7月20日~8月20日

■今後の展開
今後は、より多くのお客様にお楽しみいただくため、一般発売を目指すとともに、RICOH THETA以外の360度カメラでも使用できるようなラインアップ展開を予定しています。また、実際に使用されたお客様のご意見を取り入れ、マリンスポーツなどのレジャー用途だけでなく、研究やビジネスなど様々な用途への展開も検討しています。

■リリースはこちら
https://jp.ricoh.com/release/2022/0713_1/




Share This

Copy Link to Clipboard

Copy