2020採択スタートアップのグローバル・カルテットが、ビジネス調査を手助けするナレッジシェアプラットフォーム「ProSession(プロセッション)」β版の提供を開始しました。

2020年度採択スタートアップの株式会社グローバル・カルテットが、ビジネス調査を手助けするナレッジシェアプラットフォーム「ProSession(プロセッション)」β版を2021年10月27日に提供開始しました。

「ProSession(プロセッション)」とは、ビジネス調査で迷ったり悩んだ際に、プロ人材(リサーチャー・コンサルタント)にいつでも気軽に質問でき、複数名からクイックに回答を得られる審査&他薦制プラットフォームです。
2021年8月には、2020年度と2021年度の「TRIBUS」採択企業およびリコーグループ内チームに向けて、α版の実証実験を実施。ユーザーアンケートでは、リピート意向、回答の速さの満足度ともに94%と高い評価を得たと同時に、新規事業を担当する社員、とりわけ若年層から相談までのハードルが低いことへの評価が集まりました。

また、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が継続される中、本サービスの導入によって、社員同士のコミュニケーションや教育観点における弊害が改善されることも期待されています。

本サービスは、“第三者のプロのリサーチャー、コンサルタント”に仮説も要件定義もない段階から“壁打ち”として気軽にいつでも相談できる環境を提供し、従来属人的に蓄積されてきた調査業務のナレッジをシェアすることで、外部人材活用の拡大を目指していく予定です。

【ニュースリリース】“もう調査で迷わない”ビジネス調査を手助けするナレッジシェアプラットフォーム「ProSession(プロセッション)」を10月27日より提供開始

ProSession公式サイト




Share This

Copy Link to Clipboard

Copy