2019年社内採択チームStareReapの技術を用いた、梅沢和木『画像・アラウンドスケープ・粒子』展のインタビューが掲載されました。

リコーアートギャラリーのこけら落としとして6月5日に開催した梅沢和木『画像・アラウンドスケープ・粒子』展にて、2019年社内採択チームStareReapによる2.5次元印刷技術を駆使した新作が展示されました。
本展に関して、梅沢氏のコレクターでもあるCAMPFIREの家入一真氏が作品の魅力や2.5次元印刷技術の可能性について語っています。

起業家・家入一真は、なぜ梅沢和木に惹かれたのか




Share This

Copy Link to Clipboard

Copy