2020年度採択スタートアップのWith Midwifeが、経済産業省「フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」における補助事業者に採択されました。

経済産業省が交付する、フェムテックなどの製品・サービスを活用し、妊娠・出産などのライフイベントと仕事の両立やヘルスリテラシーの向上など、個人のウェルビーイング実現に向けた事業の補助事業者として、2020年度採択スタートアップの株式会社With Midwifeが採択されました。

外部有識者による審査委員会での審査を経て、応募総数81事業中20事業が採択され、With Midwifeは以下2つの事業が採択されています。
1)大企業および中小企業の従業員を対象としたライフステージを支える企業内助産師の有用性検証事業
2)潜在助産師を活用した、地方における育児期の女性の職場復帰を支援するオンライン相談事業:「The CARE for Community」実証実験

With Midwifeは本実証事業を通して、女性や家族の働きやすさやヘルスリテラシー向上にさらに貢献していきます。

経済産業省 令和3年度「フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」における補助事業者の公募結果の公表について




Share This

Copy Link to Clipboard

Copy