2019年度社内チームの「Rangorie」が期間限定ポップアップストアを6月1日(水)より新宿フラッグスにオープンします。

TRIBUSのエスニックウェアブランド「Rangorie」は2022年6月1日(水)から6月15日(水)まで東京・新宿フラッグス4Fイベントスペースにて期間限定ポップアップストアをオープンします。

インドの農村部で仕事を求める女性に職業機会を提供することを目的として、インドの伝統柄をあしらったエスニックウェアを生産販売するアパレルブランド「Rangorie」。
ポップアップストアでは、ヨガウェアや下着をはじめとするランゴリーの最新コレクションを販売します。また商品を1点以上試着し、Instagramをフォロー頂いた方には、先着順でインド・ビハール州で暮らす女性たちが生産した手織り・手刺繍のハンカチをプレゼントします。

ランゴリーについて
ランゴリーは、2019年度から「一人ひとりが可能性を最大限発揮できる社会をつくる」というビジョンのもと、インド人女性に、自分にフィットしたおしゃれな下着を自由に選ぶことができる買い物体験を提供しながら、インドの農村部に雇用を創出し、女性の地位向上に貢献することを目指してスタートしました。
現在はオリジナルデザインの下着を日本国内で生産・販売するとともに、現地NGOと女性生産者グループを巻き込みながらインドの農村部での量産を目指した工場の立ち上げに取り組んでいます。こうした取り組みを進めるなかで、ランゴリーの活動を応援してくださる日本の方々の「ランゴリーのアイテムが欲しい」という声にお応えするため、2022年3月8日よりオンラインストアを開設し、国内での一般販売を開始しました。一般発売に伴い、「商品がかわいい!けれどサイズが合うか確かめたい」「素材感を知りたい」というお問い合わせを複数いただき、ポップアップストアをオープンしました。

今後の展開
ウェアの生産・販売とともに、インド農村部での生産体制構築活動を展開していきます。現在ビハール州バーガルプル郊外の農村部拠点にてインドの社会企業/NGOであるDRISHTEE(ドリスティ)の協力のもと、女性縫製技術者の育成プロジェクトを進行中です。インドの生産体制が整い次第、徐々に生産をインドへ移していくことでインドの農村部の女性の雇用機会の創出・拡大につなげてまいります。

ノベルティの手織り・手刺繍ハンカチについて
ランゴリーの現地パートナーNGOのドリスティは、インドの農村部にて女性の就業支援活動を行っています。ドリスティによる職業訓練を受け構成された女性の職業グループに依頼して手織り・手刺繍のランゴリーロゴハンカチを生産しました。手織りならではの空気を多く含んだ柔らかな風合いをお楽しみいただけます。

【開催概要】
開催期間:2022年6月1日(水)~6月15日(水)11時~21時
開催場所:新宿フラッグス (新宿駅東南口直結) 4F エレベータ前ポップアップ区画
内容:ヨガウェア・下着・ワンピースの販売
商品を1点以上試着、ランゴリー公式インスタグラムをフォロー頂いた方には先着順で刺繍ハンカチをプレゼント

リリースはこちら:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000082.000043114.html
公式サイト: https://rangorie.ricoh/




Share This

Copy Link to Clipboard

Copy