2019年度採択スタートアップのオープンルームが、全日本不動産協会と業務提携を締結しました。

2019年度採択スタートアップの株式会社オープンルームが、全国約3万6000社が加盟する全日本不動産協会と業務提携し、不動産実務のDX化を共同で推進することが決定しました。

この提携を通じて、加盟会員約36,000社を誇る協会公認のアプリケーションとして、オンライン上で物件提案業務を完結できるサービス「フォレストPRO」をカスタマイズしたサービス「フォレスト・ラビー」を協会会員向けの提供をはじめとする様々な取り組みを実施していきます。

オープンルームWEB
https://openrm.co.jp/

リリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000047863.html




Share This

Copy Link to Clipboard

Copy